So-net無料ブログ作成
2013年08月30日 | 2013年09月04日 |- ブログトップ

海外サッカー2013夏の移籍金ランキング [スポーツ]

今夏のヨーロッパサッカー移籍市場が今月2日に終了となった。

今回は多くのビッグプレイヤーに動きがあり
市場は大いに賑わった。

その中でも特に注目を浴びたのが
ウェールズ代表のMF、ギャレス・ベイル。

GOC201210250008.jpg
出典:www.asahi.com

最終的にレアルマドリード(スペイン)への移籍が決定したが
その移籍金が1億ユーロに昇るとの噂もあり、

実現すればポルトガル代表FW、クリスティアーノロナウドの
9400万ユーロ(マンチェスターU→レアルマドリード)を越え、
歴代1位の記録が大幅に更新されると話題になった。

ドイツの移籍情報メディア「Transfermarket.de」の調べによると
今夏の推定移籍金ランキング、ベスト20は以下の通り。

1位:ギャレス・ベイル(ウェールズ代表、MF)
   トッテナム(イングランド)→レアルマドリード(スペイン)
   推定移籍金:9100万ユーロ(約118億3000万円)

2位:エディンソン・カバーニ(ウルグアイ代表、FW)
   ナポリ(イタリア)→パリサンジェルマン(フランス) 
   推定移籍金:6450万ユーロ(約83億9000万円)
 
3位:ラダメル・ファルカオ(コロンビア代表、FW)
   アトレティコマドリード(スペイン)→モナコ(フランス) 
   推定移籍金:6000万ユーロ(約78億円)
 
4位:ネイマール(ブラジル代表、FW)
   サントス(ブラジル)→バルセロナ(スペイン)
   推定移籍金:5700万ユーロ(約74億1000万円)

5位:メスト・エジル(ドイツ代表、MF)
   レアルマドリード(スペイン)→アーセナル(イングランド)
   推定移籍金:5000万ユーロ(約65億円)

6位:ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表、MF)
   ポルト(ポルトガル)→モナコ(フランス)
   推定移籍金:4500万ユーロ(約58億5000万円)

7位:フェルナンジーニョ(ブラジル代表、MF)
   シャフタール(ウクライナ)→マンチェスターシティ(イングランド)
   推定移籍金:4000万ユーロ(約52億円)
 
8位:ウィリアン(ブラジル代表、MF)
   アンジ(ロシア)→チェルシー(イングランド)
   推定移籍金:3800万ユーロ(約49億4000万円)
 
9位:マリオ・ゲッツェ(ドイツ代表、MF)
   ドルトムント(ドイツ)→バイエルン(ドイツ)
   推定移籍金:3700万ユーロ(約48億1000万円)

同9位:ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表、FW)
    レアルマドリード(スペイン)→ナポリ(イタリア)
    推定移籍金:3700万ユーロ(約48億1000万円)
 
11位:マルアン・フェライニ(ベルギー代表、MF)
   エヴァートン(イングランド)→マンチェスターU(イングランド)
   推定移籍金:3240万ユーロ(約42億1000万円)
 
12位:マルキーニョス(ブラジル、DF)
    ローマ(イタリア)→パリサンジェルマン(フランス)
    推定移籍金:3140万ユーロ(約40億8200万円)

13位:イスコ(スペイン代表、MF)
    マラガ(スペイン)→レアルマドリード(スペイン)
    推定移籍金:3000万ユーロ(約39億円)

同13位:アシエル・イジャラメンディ(U-21スペイン代表、MF)
     レアルソシエダ(スペイン)→レアル・マドリード(スペイン) 
     推定移籍金:3000万ユーロ(約39億円)

同13位:ロベルト・ソルダード(スペイン代表、FW)
     バレンシア(スペイン)→トッテナム(イングランド)
     推定移籍金:3000万ユーロ(約39億円)

同13位:エリク・ラメラ(アルゼンチン代表、MF)
     ローマ(イタリア)→トッテナム(イングランド)
     推定移籍金:3000万ユーロ(約39億円)
 
17位:ヘンリク・ムヒタリアン(アルメニア代表、MF)
    シャフタール(ウクライナ)→ドルトムント(ドイツ)
    推定移籍金:2750万ユーロ(約35億7500万円)
 
18位:ステヴァン・ヨヴェティッチ(モンテネグロ代表、FW)
    フィオレンティーナ(イタリア)→マンチェスターシティ(イングランド)
    推定移籍金:2600万ユーロ(約33億8000万円)
 
19位:ジョアン・モウチーニョ(ポルトガル代表、MF)
    ポルト(ポルトガル)→モナコ(フランス)
    推定移籍金:2500万ユーロ(約32億5000万円)

同19位:チアゴ・アルカンタラ(スペイン代表、MF)
     バルセロナ(スペイン)→バイエルン(ドイツ)
     推定移籍金:2500万ユーロ(約32億5000万円)
 
同19位:アルバロ・ネグレド(スペイン代表、FW)
     セビージャ(スペイン)→マンチェスターシティ(イングランド)
     推定移籍金:2500万ユーロ(約32億5000万円)
 
同19位:ベルナルジ(ブラジル代表、MF)
     アトレチコミネイロ(ブラジル)→シャフタール(ウクライナ)
     推定移籍金:2500万ユーロ(約32億5000万円)
 
最近の傾向として移籍金の高騰が問題視されているが、
1位のベイルの100億越えを筆頭に20位でも30億を優に超えている。

たった一人の選手が動くだけで100億もの金がいるってのも
ちょっとどうなのって気がするのですが、それを払うところもあるのですから
サッカーがマネーゲームになっていると言われても仕方ないのかもしれません。

とはいえ、ネイマール&メッシの共演、C・ロナウド&ベイルの共存、
そして新たにビッグネームを加えた両チームのクラシコ、、

楽しみですね~!

トッテナムはベイルマネーで冬に新たに補強するのか?

オイルマネー導入で注目のフランスの2大新勢力、
パリSGとモナコの次のターゲットは誰なのか??

夏の市場閉幕で一旦落ち着きを見せるものの
まだまだ移籍市場の動向に目が離せません。

2013年08月30日 | 2013年09月04日 |- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。